安全でないサイトでの Application Cache 対応が廃止予定となりました

公開日: | カテゴリー: HTML, プライバシー & セキュリティ

概要

現在進行中の 安全でない HTTP 廃止 の一環として、Firefox 60 Nightly と早期 Beta/DevEdition では、非 HTTPS サイト上での Application Cache (AppCache) の使用が許可されなくなります。無効化された場合、キャッシュマニフェストファイルは無視され window.applicationCacheundefined となります。特に大きな問題がなければ、Firefox 62 ですべてのチャンネルにおいてこの変更が行われます。

なお、AppCache 対応自体 Firefox 44 以降廃止予定 となっており、より高機能な Service Worker API に取って代わられる形で将来的に完全に 削除されます

更新: 予定通り、Firefox 62 以降すべてのチャンネルで制約が課されます。

参考資料