影響あり getComputedStyle() がスタイルを取得できない場合に null を返さないようになりました

公開日: | カテゴリー: CSS, DOM

概要

window.getComputedStyle メソッドは従来、指定された要素のスタイルが取得できない場合に null を返すか例外を投げていました。こうしたエッジケースは例えば表示されていない <iframe> などで見られます。Firefox 62 以降、CSSOM 仕様や他のブラウザーの挙動との整合性を高めるため、このメソッドは、length プロパティに 0、すべての宣言に空文字列を伴った CSSStyleDeclaration オブジェクトを返すようになります。

更新: この変更により Zendesk Web Widget に影響があり、ドロップダウンメニューが間違った位置に表示されています。

参考資料