Intl API がすべてのプラットフォームにおいてブラウザーロケールを既定値として採用するようになりました

公開日: | カテゴリー: JavaScript

概要

macOS、Linux および Android 版の Firefox は従来、ECMAScript Internationalization API について、プログラマーによって何もロケールが指定されていない場合、OS のロケール設定を採用していました。Firefox 55 以降では、Windows に限らずすべてのプラットフォームでブラウザーのロケールが既定値として代わりに採用されます。

影響を受けるオブジェクトとメソッドは以下の通りです。

これは一部の Firefox ユーザーにとって日付形式の変更につながる可能性があります。例えば、ブラウザーのロケールが en-US である一方、プラットフォームでは en-CA が使われていた場合、toLocaleDateString メソッドの戻り値は 2017-06-20 ではなく 6/20/2017 となるでしょう。

ウェブ開発者は、もし必要ならば、おそらく開かれているページのロケールを使って API のオプション locales 引数を指定することで、一貫した結果を得ることができます。

参考資料