スクロール連動位置合わせは非同期スクロールと相性が悪い場合があり、コンソールに警告が表示されます

公開日: | カテゴリー: JavaScript

概要

Firefox 46 以降、scroll イベントリスナー内でスクロール位置プロパティを変更しているページスクリプトに対し、ウェブコンソールが警告を表示するようになりました。そうしたイベントハンドラーは、要素の固定、スクロールスナップ効果、あるいはパララックス効果に利用されることがしばしばありますが、Firefox に実装中の非同期スクロール機能と相性が悪い場合があります。詳細と考えられる回避策については、MDN の Scroll-Linked Effects ページを参照してください。

参考資料