let 命令文が明示的な JavaScript バージョンを必要としなくなりました

公開日: | カテゴリー: JavaScript

概要

これまで let 命令文は、以下の例のように、<script> 要素上に明示的な JavaScript のバージョン、具体的には 1.7 以降を必要としていました。

<script type="application/javascript;version=1.7"></script>

let 命令文は ECMAScript 2015 (ES6) で標準化されたため、そうしたバージョンを指定しなくても使えるようになりました。この変更は後方互換なはずですが、何か問題を見つけた場合は お知らせください。非標準の JavaScript バージョニングは近い将来 完全に廃止されます

参考資料