影響あり toLocaleString() が従来と異なる値を返す可能性があります

公開日: | カテゴリー: JavaScript

概要

Date.toLocaleStringDate.toLocaleDateStringDate.toLocaleTimeStringNumber.toLocaleStringString.localeCompare の各メソッドが、ECMAScript Internationalization API に対応するため再実装されました。これらのメソッドは引数が省略された場合実装依存となり、Firefox の旧バージョンが返していた値とは異なる結果になる可能性があります。

これまで、Date.toLocaleStringDate.toLocaleDateString and Date.toLocaleTimeString はシステムの日時を返していましたが、この変更により、ブラウザーのロケールによって形式が変わるようになりました。Number.toLocaleString は、Firefox の旧バージョンでは英語の数字を返していましたが、今後は OS 定義のローカライズされた数字を返します。String.localeCompare は、従来 2-2 が返されていたところ、1-1 を返す可能性があります。

参考資料